チビ智&父のレーシング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 心の整理

<<   作成日時 : 2009/12/25 12:24   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

「 菅さんは早くブログ復活してね。」
そんなメッセージが、ある人から届きました。
その言葉に突き動かされて、やっと今の心境を書いてみる気になりました。
あれから一週間が経とうとしています。

------------------◇----------------------

12月19日の土曜日。僕は御殿場警察で、大切な仲間をじっと待っていた。

万に一つの可能性を信じていたけど、奇跡っていうのはそんなには起きないものだ。そんなことは分かってる。でも、ほんのちょっとだけ奇跡を信じていた。現実----僕らは大切な二人の仲間を失った。

富士山から戻ってきたうさちゃんとホーリーに対面した時、全身が猛烈に震えて、涙がとめどなく出た。二人の名前を呼ぼうにもろれつが回らず、手を合わせようにも握りしめた拳が解けない。まったく制御できない悲しみが、全ての感情や全身の筋肉を支配していた。こんなに悲しいことが世の中にあるなんて、この歳になって初めて知った。

今回、右京さんだけが生き残った。これはとても重い十字架だ。世の中には、そのことを誹る人達もいるだろう。でも、僕は知っている。うさちゃんやホーリーがどれくらい右京さんのことを愛していたか。そして、右京さんがうさちゃんやホーリーをどれくらい頼りにしていたか。真実はここに尽きる。

離れて見ているしかなかった記者会見の後、十字架の重さで小さくなった右京さんの肩に手をやろうとした。その時、再び猛烈な悲しみが襲ってきた。僕の手はだらりと空振りして、肩を抱けなかった。何か大声で言いながら、涙が滝のように出た。そして、色んな思い出がフラッシュバックした。GTのパドック、河口湖マラソン、平塚と新東京のカート遊び、丹沢トレッキング、ヴィッツレース、豊田スタジアム、猿投でのキャンプ、アジカンやパリダカの発表会、そしてチャレンジスクール、メガWebでのイベント。どれもこれもが、楽しい思い出。そういえば、トモティーノが初めてカートに乗った時も、うさちゃんは一緒だった。そして、今のトモティーノのヘルメットはホーリーが準備してくれたものだ。

思い出の濃度が濃いほど、悲しいのかな?

日がたっても、時々悲しみが急激に襲ってくる。電車の中や街中でも、左前頭葉の痛みを伴って涙が出る。

でも、泣くのはもう終わり。心の整理なんて付くわけが無いけど、前を向いて行こう。
二人の思いを未来に繋ぐためには、僕らが顔を上げなくちゃいけないからね。

うさちゃん、ホーリー、これまで本当にありがとう。

※ブログ更新を少しだけ再開します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心の整理 チビ智&父のレーシング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる