チビ智&父のレーシング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 一年が経った

<<   作成日時 : 2010/12/19 09:30   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

よく晴れた空。東京は典型的な冬晴れだ。御殿場に行けば、富士山がくっきりと見えるのだろう。あの日から1年。僕はいつもうさちゃんとホーリーのことを忘れなかった。何度二人の夢を見たことか。そして、二人に話しかけた言葉はどれだけになっただろうか。

正直、僕はしばらくの間、ショックから立ち直ることができなかった。テレビに富士山が映るとチャンネルを変えた。ヘリコプターの音がすると息苦しくなった。東名高速道路を通る時も、富士山は見ないようにしていた。実は、あれから一度も御殿場インターチェンジを降りていない。でも、前に進まなくちゃいけないことは分かっていた。

事故から数ヶ月経った夏の日に、チャレンジスクールが再開された。夏の藤野サーキットは、うさちゃんやホーリーがいた頃と何も変わらなかった。蝉が鳴き、緑の山々が見える風景。そして、子ども達が額に汗してカートに挑戦する姿。まるで、二人がまだそこにいるかのように思えた。でも、現実は現実。僕は藤野の空を見上げて、「元気だよ。また始まったよ。」と二人に向けて呟いた。その時、なんだか不思議なのだが、再び同じ場所に立っている自分のことが、二人から取り残された存在かのように感じた。

11月のレースで、トモティーノが表彰台のど真ん中に立った。ホーリーが準備してくれたヘルメットを被り、うさちゃんの形見とも言えるツアーバッグで活動するトモティーノが勝った。どれだけ二人がこの勝利を待っていたか・・・。生きていたら、どれだけ喜んだだろうか・・・。
絶対に欲しかった勝利。一周忌が来るまでに勝てなきゃ、嘘だと思っていた。嬉しさというよりも安堵。でも、二人はこんなもんじゃ許してくれない。もっともっと勝たなくちゃいけない。

そう。あれから1年が経った。
そして、南極遠征に右京さんが向かった。来年、チーム右京は活動を広げそうだ。トモティーノも何だか大きくなった。千代くんもさらに上を目指して活動している。
みんなで見た夢は、必ず達成されなければいけない。だから、命日が来る度に、僕らは夢に近づいているかどうかを考えよう。

こうやって、残された側は勝手な思いを綴ったり、自分の価値観で物事を正当化する。亡くなった二人がどんな思いだったのかは、僕らに知る由は無いが、とにかく二人の事を僕らは忘れない。
そして、ありがとう。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一年が経った チビ智&父のレーシング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる